同居生活のススメ

同居生活のススメ

私の旦那さまは長男です。

旦那さまの実家はちょっとだけ田舎にあります。

結婚してしばらくは二人で賃貸マンションを借りて住んでいました。

そしてしばらくしてから、旦那さまの両親と同居をすることになりました。

同居といっても、今はいろいろな形がありますよね。

同じ屋根の下だけど、キッチンやお風呂、玄関が二つある2世帯住宅タイプ。

同じ敷地内にあるけれど、両親が住む家と母屋に住む息子夫婦というタイプ。

まあ、この場合は同居とはいわないかもしれませんね。

そして、私のような完全一世帯同居。

本当は2世帯住宅にしたかったんです。

でも、長年住んでこられた家ですからそう簡単に建て替える訳にもいかないわけで。

なので、キッチンスペースを部屋の壁を取り壊して広くしたダイニングに作り替えました。

それとトイレを2つに増やし、旦那様のお父さんお母さんの部屋を一つ増築しました。

もちろん資金は私たち二人がローンを組んでの支払です。

そして今では2人の子供を授かり3世代同居生活を送っています。

そうそう、ちなみに旦那さまの妹も一緒に住んでいます。

いわゆる小姑っていうやつですね。

同居生活ってみんなどうなの?ってよく聞いてきます。

特に私は都会から田舎へ嫁いだので興味があるみたいです。

よくあるテレビのドラマみたいな嫁姑争いっていうのは今のところはいちようはありません。

でも、お互いに心のうちではいろいろ思うことはたくさんあることでしょう。

でもなんとか大きなもめ事もなくここまで来れたのにも理由があるんですよ。

ここで私流の同居生活のススメをご紹介したいと思います。

まずは一番大事なことですが、「波風を立てないこと」です。

赤の他人が一緒に住むわけですからもちろん生活の仕方の違いや、考え方の違いはあるのは当たり前です。

細かいところが気になることはもちろんあるでしょう。

でも、それを思ったまま毎回ストレートに相手にぶちまけるのではありません。

自分が気に入らないことがあったとしても、それと同じように義父母も気に入らないことがあるんです。

なので、自分がそれを言ってしまうと、相手からも必ず同じようなことを言われるわけです。

そうするとお互い後味が悪くなるわけで。

なので、多少のことはがまんして胸の内にしまっておきましょう。

なかなか難しいことです。

なので、私は誰もいないことを確認してから小さな声でブツブツ吐き出してますよ^^

次に旦那様を悪者にして、自分は弱い立場にいることをアピールせよ。です。

旦那様は言っても義父母の息子です。

可愛いのは当たり前です。

私よりも旦那様の肩を持つのはあたりまえ。

ならば、私が旦那様にいじめられているように見せる方法で義父母を味方につけましょう。

そうすればいろいろ助けてくれますよ。

あとはお互い干渉しないこと。

これ鉄則です。

どこ行くの?いつごろ帰るの?などと子供のようにいちいち聞かないことです。

まあ、これは嫁よりも姑さんの方でしょうか。

いちいち干渉されるのはだれでも嫌なものです。

ましてや帰りが遅いだの門限を決められたりすると大変です。

一緒に住みながらも世帯は別だということをお互いに認識することが大事です。

アルファードハイブリッド 値引き

節酒生活の息抜き

普段、健康を気遣ってビールを控えているせいか、無性にビールが飲みたくてたまらなくなってしまう日があるんです。そんなときはどうするかというと、我慢せずに飲みます(笑) 我慢は毒っていいますからね(屁理屈じゃないですよ)。

しかし、これにはちょっとコツがあります。ただ単に缶ビールを買って来て飲んでお仕舞いという訳ではありません。また、ちょっとだけ飲もうなんていう工夫もしません。ちょっとだけ飲むというのは、一番持続にかけちゃうんです。「やっぱもう少し飲んでおけばよかったなぁ……」と、次の日に後悔しちゃったりしますから。

ではどんなコツがあるのかというと、最高のシチュエーションで思う存分飲むのが、コツなのです。そうやって大満足することで、また次の日からビールを控えることができるのです。

先日も、ビールが飲みたくなってしょうがなくなった時、友人が最高のシチュエーションを用意してくれました。それは串カツ屋さんです。少々遠い場所にあるお店で、帰りのことを考えるとかみさんに迷惑をかけてしまうと思いましたが(送り迎えはかみさんがやってくれるため)、最高のビールの為ならなんのその(笑)

串カツ屋でビールという組み合わせは初でしたが、本当に最高でした。いろんなものをちょいちょいつまんで食べられるので、飽きることなく食べられ、そしてビールもどんどん進みました。あんなに気持ちよいビールを堪能したのは久しぶりでした。

串カツの合間に食べるキャベツがまた美味しかったんですよね。串カツは油っぽいのでキャベツを食べて胃がもたれないようにしようという配慮だそうです。そういえば、とんかつ屋さんや洋食屋さんで揚げ物を頼むと必ずキャベツがついてきますよね、胸焼け防止の為に。

意外とこのキャベツが一番美味しいといって食べていた記憶があります(笑) 途中キャベツをつまみにビールを飲んでいましたから。おそらく串カツの食べすぎで相当胃がもたれていたからだと思います。

次の日は当然胃もたれ。そして二日酔い。でもこれくらい思いっきり息抜きをしないと、食事制限も節酒も長く続けられませんよ。

私の意志が弱いのだというご指摘はご勘弁を(笑) こんな生活毎週のように繰り返しているわけじゃありませんから。月に1回くらいの頻度です。だったらその日くらい、大丈夫ですよね。

ベンツEクラスワゴン

2012 同居生活のススメ